【三浦半島・盗人狩】磯のアジ釣りでギガアジ狙い 3回目

三浦のアジ

 
またまた行ってきました。三浦の磯です。今回は僕フナジロー単独釣行です。
磯での大アジ狙いのカゴ釣りにドハマリしています。


前回までのおさらい

この釣りにはコツがいるようでして。
前回前々回とフグの猛攻・バラシ連発により、あまり釣れなかったんです。

↓前回・前々回の記事かこちら↓

【三浦半島・盗人狩】磯のアジ釣りでギガアジ狙い 2回目

【三浦半島・盗人狩】磯のアジ釣りでメガアジ&ギガアジ!

 

ご一緒させていただいた「ゆーき師匠」は、前回2本・前々回7本の合計9本。
僕は1本ずつの合計2本。

さすが師匠ですね。だいぶ差をつけられてしまいました。

 

師匠から教わったこと

師匠にコツを聞いてきました。
教わったことは、実践して結果を出すことが恩返しだと思っていますので、今日はなんとしても結果を出したい。
こういう時って、釣りにハマりますよね。

教わったバラシ軽減テクニック

・グレ針など軸の太いハリを使うことで口切れを軽減できる
・ウネリや波がある時は、海面の上下や波の押し引きに合わせた巻き上げが必要
・なるべく細いクッションゴムを使う

教わったフグ回避テクニック

・余計な装飾(サビキや蛍光玉など)はしない
・なるべく潮にのせたり誘いを入れて仕掛けをとどめない
・付けエサはオキアミとイカタン。1本バリ仕掛けで1本に両方つける
・コマセに混ぜる集魚パウダーは夜釣りパワーの白

実釣開始

16時すぎ、釣り場の磯に到着。
運動不足の僕は、磯まで歩くだけで体力をかなり消耗してしまいます。
休憩しながらゆっくり準備。

暗くなってから投げ込み開始です。

18:10
しばらくやってもアタリが出ず、ちょっと不安になっていたころ。
ファーストアタック。

前回までの経験で、暮れてから早めの時間はサビキに食いが良かったので、師匠に教わった「軸が太くバラしにくいグレ針」ではなく、サビキ(アジ針)を使っていましたのでので、慎重に寄せます。

また、実は前回クッションゴムをロストしてしまっていまして、前回はクッションなしでやっていました。今回は細めのクッションゴムもちゃんと入れてあります。

あとは抜き上げ、ウネリに合わせてあげます。

メガアジ

やったー
1本目。釣れました~。
メガアジ38cm

その後にもう1本追加して。計2本。

 

フグの猛攻をうける

20時ぐらいからはフグの猛攻が始まります。

アジの食いも落ちているので、サビキに付けエサをつけますが、必ずエサをとられるし、ウキが入ったと思うと、ハリスが食い切られてハリがなくなって帰ってきます。

この展開になると、かなり厳しくなります。

フグ

 

教わったフグ回避テクニックを実践

そこで師匠から教わったテクニック。

・余計な装飾(サビキや蛍光玉など)はしない
・付けエサはオキアミとイカタン。1本バリ仕掛けで1本に両方つける

1本バリ(グレ9号)で、装飾なし、エサはオキアミとイカタン。

がまかつ(Gamakatsu) 遠投グレ フック 金 9号 釣り針

さらに
食いが落ちているのでハリスを3号から2号に。2号は細いぶん食いが良くなると思いますが、抜き上げは不安なので、ちょっと高級な強いハリスを使います。

↓これの2号です

サンライン NEWパワード 50m HG #2号【ゆうパケット】

満潮の潮どまりを挟んで

満潮から1時間ちょい経ったでしょうか。
潮が動き出し、久しぶりの3本目。今日の目標を達成。
しかも3アタリ3ゲットでバラシなし。師匠の教えを生かせました。

満足できたので、
帰ろうと片づけていると、緩めていたドラグがなり、4本目。

大満足の釣行となりました。
師匠ありがとうございました。

 

釣行動画

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です