「デカギンポ!!」こんなの初めて~♡

デカギンポ

 


サヨリ狙いで袖ヶ浦へ。

こんにちは。フナジローです。

ナメロー
サヨリ釣れてますよ~(サヨリ釣行記事

という情報を聞きまして、やってきました。袖ヶ浦市長浦港

LINEで場所を確認

ナメロー
ここですよ~

長浦港 袖ヶ浦港・岸壁

なるほど。動画で見覚えがあります。

フナジロー
よ~し、やるぞ~

サヨリはおいしいので楽しみです。

サヨリ釣れん

が、あれ~まったく釣れません。
こんなはずでは。。。
ナメローさんは一投目から釣れたって言っていたし。

周りの人に聞いてみます。

周りの人
さっき船が来ちゃって、それまでは釣れてたんだけどな~

船

なるほど。
サヨリは繊細な魚。
これではしばらく無理っぽいですね。

仕方ありません。
移動しよう。

と思ったら、何やら隣の青年たちが

隣の青年たち
うわ~でけ~

叫んでいます。

おっ!ギンポ

見てみると、でかいギンポです。
本当にでかい。

しかも次から次へと
いとも簡単に釣りあげています。

ギンポといえば、幻の高級魚ともいわれる天ぷらの最強ネタ。
これは羨ましい。

よだれが垂れそうになりながら青年たちを見ていましたら、その視線に気づいたのか、それとも釣果に満足したのか、移動するとのこと。

場所を譲ってもらい、
サヨリから狙いを変更してギンポを狙うことにします。

といっても
ギンポなんて狙うつもり全くなかったので、仕掛けあったかな。

探すこと5分。
ありましたありました。

OWNER(オーナー) 仕掛け あいなめブラクリ 4号 B-233

新品価格
¥280から
(2018/10/1 06:03時点)

ブラクリです。

まさかのギンポ釣り開始

エサはサヨリ用で買ってあったアオイソメです。
これで穴を攻めます。底をとるとアタリに気づくのが遅れ、潜られて根がかりしてしまうので、ブラクリを穴に入れたら奥まで入れずに、穴に入れたり出したり。いい感じのところでジワジワじらします。

すると、ギンポのほうから飛びついてきますので、すかさず合わせて、

なんと、足サイズ。
27cmのギンポです。
足サイズのギンポ

写真以上に釣ったときは大きく感じますので、
ウツボかと思いましたよ。

その後も、同じ穴で何匹も釣れます。
一体穴の中はどうなっているのでしょうか?

ほぼ入れ食い状態で9匹釣って、家族の天ぷら分を確保できたので、根絶やし厳禁。この辺で終了します。

ギンポ

とにかく。でかい。こんなのいるんですね。

ギンポの天ぷら

そしてもちろん天ぷらで。
ギンポの天ぷら

うまい。

あんな見た目ですが、まったく癖のないサッパリとした脂。ぷりぷりでジューシー。アナゴの天ぷらが下品に思えるほどです。

たしかギンポの旬は、5月~7月ごろだったかな。
またそのころに絶対行こう。

 

釣行まとめ

釣行 :2018/09/20 12:30~14:30
天気 :晴れ
潮回り:若潮 満潮15:46
釣果 :ギンポ 9匹

仕掛け:ブラクリ
ハリス
エサ :アオイソメ

 

今回の釣り場

今回の詳しい釣り場の紹介は、こちら~(^^)

釣り場情報:長浦港 (袖ヶ浦港・岸壁)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です