金谷フェリー港でアジ爆釣!~浜金谷港でアジ釣り~

金谷の黄金アジ 釣果

浜金谷港、通称「金谷フェリー港」でアジ釣りをしてきました!

ナメロー
ここのところ、金谷フェリー港でアジが釣れ盛っているという情報を入手し、アジ釣りに行ったら楽しすぎました!

今年に入り、ワカサギ以外、全く魚が釣れていなかった、管理人のナメローです。(笑)

と言っても、海釣りにほとんど行けてなかったんですけどね。(^^;)

そんなわけで、単独アジ釣行!

今回、とっても美味しい金谷の黄金アジが爆釣でした♪


金谷フェリー港で日中アジが釣れる?

今回の釣り場は、浜金谷港(はまかなやこう)。

金谷港(かなやこう)とも言われますが、東京湾フェリー乗り場となる港なので、金谷フェリー港(かなやふぇりーこう)と呼ばれ区別されています。

金谷フェリー港でアジでアジが釣れているという話は、すでに有名で、ものすごい人だかりになっているらしいという情報は周りの多くの人から聞いていました。

ネットが発達して情報の拡散が速いのもありますが、面する国道から釣り場が丸見えなので釣れているのは一目瞭然です。それは人だかりになりますよね~

僕は混んでいる釣り場が大の苦手。

【朝まずめ、夕まずめは混み過ぎて入れない(釣り場所を確保できない)】かもとの話。

ナメロー
う~ん。。そんなに混んでるなら行きたくないな。。

と思っていました。

が、しかし。

どうやら日中もアジが釣れているらしい。

ということで、朝まずめを避けて、のんびりとお昼過ぎに金谷港に行ってみました。

ナメロー
平日の昼間なら空いてるっしょ~

ゆるい考えて釣り場に行ったのですが・・・

・・・。

金谷フェリー港 2月のアジ釣り
ナメロー
激混みじゃんか!!!!

 

想定外の激混み、なんとか釣り座を確保

しかし見ると、これだけ人がいるにも関わらず、全くアジが釣れていない様子。。

ナメロー
うそ。。。(=へ=;)

激混みでしたが、岸壁でちょうど一か所だけ空いている。

全然釣れていないからか、釣り人がちょうど帰ったようでした。

金谷フェリー港 岸壁

両隣にご挨拶して隙間に入れてもらいお話を伺います。

ナメロー
アジ釣れてますか~?
右隣の釣り人
イワシしか釣れないですね・・・
左隣の釣り人
今日の昼間アジは全然釣れてないよ!いつもは持って帰れないほど釣れるんだけどね~!

とのこと。

出た~!さかきゅう、あるある。。。

”昨日まで釣れてたんだけどね~”

でも、昼間に釣れてるって聞いたから釣れるに違いない!(と信じてやってみよう)

 

釣り開始するもアジ全く釣れず

イワシは足元にたくさん泳いでいます。

・・・しかし。

サビキで足元やったり、遠くまでカゴを投げて色いろと棚を探るも、アジは全く釣れる気配がありません。(汗)

ナメロー
全然っ、釣れん!!

遊んでくれるのは、表層でいくらでも釣れるイワシ君と、中層にいるヒイラギ君のみ。

ヒイラギ
ナメロー
ヒイラギ君、キミばっかり釣れて、外すのに疲れてきたんですけど。

 

ようやく来たと思ったら

3時間経過。

時刻は16:35。

すごく小さいものの、やっとアジが2匹釣れました!

黄金アジ
ナメロー
ようやく来た!これから爆釣か~!

と思ったら、2匹で終了。。。

周りも全く釣れてません。
たまたま僕だけ釣れて、周囲に注目された状態。

しかも潮が、、、大潮で16:23満潮。

ナメロー
おいおい・・・これ大丈夫か・・・

嫌な予感がしてなりません。(^^;)

 

「金谷フェリー港で日中アジが釣れる」に騙された?!

そして・・・17時前。

ご年配の釣り人
ここ2か月以上、12月末からほぼ毎日ここでアジやってるけど、この時間までこんなに釣れないのは初めてだ、今日が一番釣れない日だ!

これ、昨年行った富津でのアジ釣りでも同じようなこと聞いたような・・・僕はそういう星のもとに生まれたのか・・・

ナメロー
全く釣れん!金谷で日中アジが釣れるなんてウソじゃん・・・

 

移動して爆釣

なんて思っていた、17:10。

ずーっと右の方の足元でアジが釣れているのが見えました。

ナメロー
来たか?!

と思い、僕も同じ棚を狙ってやってみるも、全然釣れない。(汗)
僕の周りも釣れていない。

その”右の方だけ”釣れてます。

ナメロー
ん?!

釣れているところをよ~く見てみると、釣り座がポッカリ開いているのを発見!

僕はすかさずダッシュ、ご挨拶して、その釣れている場所へ入れてもらいます。
(こういう時、普段ランニングしててよかったな~って思います。)

すると・・・

金谷でアジ入れ食い

まさに入れ食いです!!

 

秘密のアイテム&テクニックで3倍以上釣れた!

アジがいる棚はベタ底(海底付近)です。

僕は、①よく釣れるサビキを使い、②よく釣れる秘密のカゴを使い、③とある釣り方を併用して、入れてもらった両隣の方の3倍以上のスピードで釣れていきます♪

※ここではちょっと公開できませんので、その「爆釣マル秘アイテムとテクニック」を知りたい方は、お問い合わせフォームからご連絡くださいね。(^^)

 

そこからは、独壇場♪

途中、当サイトさかきゅうのYouTubeチャンネル用の動画を撮影しようと思って、置いてきてしまったGoProを取りに遠くの車に走ったり時間ロスしながらも・・・

写真撮影する間もなく、約45分間ずっと釣れました!!

金谷港 2月 アジ釣果

この通りです♪

結局、GoProに記録用のSDカードを入れ忘れていたという痛恨のミスで、動画撮影は出来ず。。ただのタイムロスでした。(汗)

金谷名物、キレイな金色のアジです。(^^)
サイズは大体が17~18cmといったところでしょうか?

釣れた黄金アジのサイズ

実は、夕まずめが終わった後、ほとんどの釣り人は帰ってしまったのですが、その後・・・

足元では全く釣れませんでしたが、カゴを投げると一瞬で釣れました!

しかもダブル。

ナメロー
うわ~、こりゃ今日は帰れないな~☆

釣れすぎちゃって、帰ってから捌くの大変だな~♪などと思い、調子に乗っていたら、次のキャストで・・・

竿先に糸が一周していることに気が付かずフルキャストしてしまい、竿先がポッキリと折れてしまいました。(=0=;)

でも、おとなしく帰っとけば良かった。。。なんてことは1ミリも思いません。(^^)

だって、みんなが夕まずめ後に諦めて帰った後も、釣り方を変えれば、釣れることが分かりましたから☆

ナメロー
ラッキーです♪

いいタイミングでした。
これにて納竿!

 

釣果

釣果は、いかに!

結局、黄金アジ28匹釣れました~♪

金谷の黄金アジ 釣果

活きが良すぎて、バケツから跳ねて海へ脱走したアジ3匹、バケツに入れ損ねたアジ1匹だったので、本当は32匹釣れてたのですが。。。それは仕方ありませんね。(^^;)

ナメロー
結局、日中は釣れず、夕まずめだけ釣れたということになりますが・・・

結果だけ見ると、夕まずめだけ釣れたということになりますが、2つポイントがあり「夕まずめでも激渋」だったこと。

①僕が入れてもらったところ以外、あまり釣れておらず、特定の場所だけ釣れた。
②普通にやっていたら、釣れづらかった。

たまたまなのか、今回は日中から釣ることこそ出来ませんでしたが、久しぶりに満足するアジ釣りになりました。

ホント釣りは奥が深いですね!(^^)

魚の美味しさを追求する?数を追求する?

いきなりですが、質問です。

Q:あなたは、魚の美味しさを追求しますか?それとも釣れる数を追求しますか?


アジ大漁
極上の美味しさのアジ

これは、みなさんそれぞれだと思います。

僕の場合、今回アジの美味しさを追求しなければ、もっと釣れていたと思います。(^^)

というのも。

僕は、出来るだけ美味しく持ち帰りたい場合は必ず、”釣ったらすぐ”、”活かしたまま”、”1匹ずつ血抜き”をして、血が抜けたところで海水氷で一気に心臓を止める”氷締め”を行います。

今回は、その「美味しく持ち帰るコース」でアジ釣りをしました。

「釣れてる間は余計な事せずに釣った方がいいんじゃないの?!」と言われそうですが、僕はできるだけ美味しくいただきたい。美味しく食べるために釣りをやっているといっても過言ではありません。

この方法は、たしかに「何匹釣ったぜ~!」というように、数を釣るためには効率が悪いですが、泳がせといて後でまとめて血抜きするのとは、全く味が違います。

ちなみに私ナメローは、食の資格と、食と運動の複合資格を2つ持っていますので、少し解説させてもらいます。(^^)

”釣ったらすぐ”、”活かしたまま”、”1匹ずつ血抜き”をして、血が抜けたところで海水氷で一気に心臓を止める「氷締め」を行う、その理由。

それは。

まず、サバをはじめとした青魚は総じて運動量が多いのはお分かりだと思いますが、さらに、釣りあげられて海から陸に上がった場合は、命を守るため、力の限り筋肉を動かして抵抗します。

ビチビチと暴れ、バシャバシャとバケツから脱走しようとするあれですね。

これは僕たち人間も、魚も動物も同じなのですが、筋肉を動かすということは、「ATP」というものを消費します。分かりやすく言うと、筋肉を動かすエネルギー源の
ことです。
細胞

難しく書くとこうなります。わけ分かりませんね。(笑)アデノシン3リン酸(ATP)

このATPは、お魚が死んだ後に分解されていき、「イノシン酸」という物質に変換されます。
イノシン酸はグルタミン酸と並んで「魚の旨み」になっている重要な物質です。

つまり、ATPが少なくなれば、イノシン酸の量は必然的に少なくなります。

イノシン酸は、旨味成分なわけですから、ATPが使われれば使われるほど、旨みの少ない魚になってしまうわけです。

また、放置して筋肉を動かし続けた魚の筋肉には乳酸が溜まり、食味に悪影響を与えるといもされています。

ですから、弱って絶命するまでバケツなどで放置しておいた魚は、旨味が大幅に減ってしまうということになるんですね。

じゃ、一気に絶命させちゃえば良いじゃんとなりますが、そうすると血がきれいに抜けず、生臭くなりやすくなります。魚の臭みは血液の腐敗が大きな要因になります。

ですから生かしたまま血抜きを行い、血が抜けたところで一気に氷締めをするのが有効なんです。

比べてみたら・・・果たしてどちらが美味しいでしょうか?

この話は、また別の記事で詳しくご紹介したいと思います。(^^)


※もちろん、氷締めでなくとも、脳死させれば絶命させることができますので、頭にピックなどを刺すのも有りですが、ブリなどの大型の青魚と違い、アジのようにたくさん釣れる魚ですと効果に対して手間がかかりすぎます。

 

釣行まとめ

金谷フェリー港 2月のアジ釣り

釣行 :2018/02/20 13:30~18:30(爆釣タイム17:15~18:00)
天気 :晴れ
潮回り:大潮 満潮16:23
釣果 :アジ28匹
ヒイラギたくさん(リリース)
イワシたくさん(リリース)

仕掛け:秘密カゴ、秘密サビキ
ハリス:秘密ハリス
エサ :アミコマセ&アジパワー

 

今回の釣り場

金谷フェリー港(浜金谷港)

6 件のコメント

  • ナイスな釣行でしたね❗
    この時期のアジ爆釣は羨ましい~

    ちなみに、地抜きってどうやってますか?

    • うとしんさん、初めまして!
      ナメローです。(^^)

      アジは釣って楽しい、食べて美味しいで最高ですよね~!
      特に内房のアジは一段と美味しいですし♪

      >ちなみに、地抜きってどうやってますか?

      僕の血抜きはですね~、アジの場合は、釣ってすぐエラをハサミでバチンと切って(切断というより傷つけるという感じですね)、海水を汲んだバケツに数分入れて、生かしたまま血抜きします。

      血が抜けたところで、海水氷締めをして、一気に絶命させます。

      今まで色々な持ち帰り方を試した中で、今の所これがベストかなと思っているのですが、もっといろいろ実験して、今後さらに比較していきたいと思っています。

      より良い方法がありましたら、教えていただけると嬉しいです。(^^)

      うとしんさん、これからも僕ナメロー、相方フナジロー、さかきゅうをよろしくお願いします!

  • おはこんばんにちは。youtube拝見しました。
    私も3月に金谷フェリー港で13時間釣りしましたが、ヒイラギのみでアジは0でした。。
    爆釣マル秘アイテムとテクニック、非常に気になります。
    リベンジしたい!

    • ナメローです。(^^)
      きりんさん、ご訪問、そしてコメントありがとうございます!

      僕が行った時も、狙ったアジの層と違っていたり、時間帯もありますが、他の日の金谷釣行でヒイラギもたくさん釣れました。(^^;)
      ヒイラギのいる層の上か下、どちらかにアジがいることが多かったですね~

      4月頭に一度行きましたが、それ以降アジ釣り調査に行けていないので、今はどうなんでしょうかね?!(^^)

      >爆釣マル秘アイテムとテクニック、非常に気になります。

      お問い合わせ欄からメッセージいただければ、お伝えさせていただきますよ♪
      よろしくおねがいします!

  • はじめまして!
    アジ釣り楽しそうですね。
    GW明けてから家族で行って見ようかと思います。
    秘密の仕掛けとハリス気になります。
    是非ご教示頂けないでしょうか?

    • ナメローです。(^^)
      鈴木さん、記事をご覧くださりありがとうございます!

      >GW明けてから家族で行って見ようかと思います。

      5月に入り金谷でアジが釣れているか最近の情報がないのですが、ご家族で釣り、良いですね~♪

      >秘密の仕掛けとハリス気になります。

      後ほどメールを差し上げますね!
      よろしくお願いします。(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です