アミ姫と冷凍コマセブロックどっちが釣れる?

冷凍コマセとアミ姫 どっちが釣れる?

ナメロー隊長
「アミ姫」と「冷凍コマセ」を比べると圧倒的に冷凍コマセの方が釣れます!

「秘密のサビキ」について問い合わせをしてくれた、さかきゅうYouTubeの視聴者さんから、サビキ釣りをする場合のエサはアミ姫でも大丈夫ですか?という質問をいただきました。(^^)

アミ姫と冷凍コマセはどちらがいいのか?また両者の違いやメリットなども解説します。

秘密のサビキについては、こちらからご覧ください。(^^)

 


よく使われる冷凍コマセは

いわゆる「冷凍コマセ」と呼ばれ、よくサビキ釣りで使われる定番は「アミエビ」をブロック状に冷凍したものです。

魚を寄せるための撒き餌(まきえ)や寄せ餌(よせえ)ですね。

同じ冷凍コマセでもアミエビより格段にサイズが大きい「オキアミ」をブロック状にしたものありますが、この記事での冷凍コマセはアミエビとします。(^^)
(アミエビとオキアミの違いは別記事で詳しく解説します。)

これを解凍してサビキ釣りなどのエサに使います。

 

アミ姫について

アミ姫」はチューブタイプの、常温で保管できるコマセです。

人気の『携帯コマセ』というべき、堤防・サビキ釣り用配合エサですね。

最大の特徴は、いわゆる、”コマセ臭”がしないことです。
車などで持ち運びしても、あの嫌われる匂いが車内に残りません。

キャップが付いてますので使い残りは次回の釣りで使えます。

 

同時に使うと差が歴然

ナメロー隊長
さて、冷凍ブロックを解凍したコマセとアミ姫、果たしてどちらが釣れるのか?

例えば足元にイワシがいるときに比べてみると、同じ位置&同じタナ&同じ仕掛けで、冷凍コマセを解凍したものとアミ姫を同時に比べてみると全然違うことが分かります。

透明度の高い海で見ると一目瞭然なのですが、まず、魚の集まり方が圧倒的に違います。

そして、より活発にエサを食べようとするので、当然サビキへのアタリも全く違います。

そうなんです。

冷凍コマセとアミ姫を比べると、冷凍コマセを使った方が明らかに釣れるんです。

 
ただ、アミ姫にもメリットがあります!

 

アミ姫のメリット

釣れ方としてはどうしても冷凍コマセに軍配が上がってしまいますが、アミ姫にはキャップ付きのチューブパッケージならではのメリットがあります。

  1. 携帯性に優れている
  2. いつでもすぐ使える
  3. 手が汚れない
  4. 嫌な臭いがしない
  5. 車内などが臭くならない
  6. アミエビの粒があるのでトリックサビキにも使える
  7. 余ったものは次回の釣行で使える
  8. 万が一の時の予備になる

 

釣果UPする方法

冷凍コマセを使う時は、集魚剤のアジパワーメガブルーを混ぜると釣果が大幅にアップしますのでオススメです♪

僕が行ったコチラの動画でも「冷凍コマセ+アジパワー」を使っています。

 
↑この時はシブかったんですが。(笑)
↓普段はこんな感じで、とても良く釣れます!

 

 
食い気が無い時はここにプラスしてイワシパウダーなどを加えたりもしますが、僕は基本的にいつもの釣行でこの組み合わせで良く釣れています。

小湊動画でおなじみの、さかきゅうファミリー調査隊は「冷凍コマセ+アジパワー+メガブルー」を使っていることが多いです。

 

以上のことから、より釣果を望むのであれば冷凍コマセブロックを用意した方がいいです!

それでも手軽に釣りたい、いつでもすぐに釣りたいということであれば、携帯性や利便性などを取ってアミ姫でやるのもありですね。(^^)

 

今回のまとめ

ナメロー隊長
冷凍コマセとアミ姫を比較すると、やはり冷凍コマセの方が釣れますが、いろんなメリットを考えるてアミ姫を使うのもありというこということが分かりました。

冷凍コマセ派だという人も、アミ姫を一本持っておくと、いざという時に使えますので活用するのもありですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です