鶴見川河口

釣り場

 


鶴見川河口について

横浜市鶴見区の街中を流れる川で、一時は水質汚染がひどかったようですが、今は神奈川県のほかの河川と比べ、それほど悪いという感じではないです。

長い範囲で護岸化されています。柵もあり足場もよく立地もいいですのでご家族でも安心です。
護岸のすぐ足元は、岩なのか基礎なのかゴツゴツしていまして、ゴミもかなり沈んでいます。10mぐらい先からは砂泥となるようです。ハゼを狙うならチョイ投げのタックルが必要となります。

ここのハゼは大きいのが特徴となりまして、おすすめのシーズンは秋となります。
サイズは大きい分、それほど数は期待できませんので、20~30m以上投げて広く探り、釣れるポイントを見極めて釣ると、釣果が伸びそうです。

 

釣り場・ポイントマップ

ポイント情報はすべて実釣のデータをもとに作成しています。

 

各ポイントの解説

秋口には良型のハゼが釣れます。

鶴見川のハゼ

 

ポイントA

鶴見川

ポイントAから下流方向

鶴見川河口

ポイントAから上流方向

鶴見川ハゼ釣りのポイント

 

サイト管理人の釣果

2018/10/17 ハゼ9匹 フナジロー
2018/11/09 ハゼ14匹 フナジロー
2018/11/15 ハゼ37匹 フナジロー
2018/11/23 ハゼ20匹 フナジロー



関連動画

 

釣り場を大切に

近年、釣り禁止や立入禁止など多くの釣り場が閉鎖されております。そのほとんどは釣り人のマナーの悪さが原因です。

  • ゴミは必ず持ち帰りましょう!
  • 使用したハリや糸などの細かいものも必ずゴミ袋などに入れ持ち帰りましょう
  • コマセで地面や柵が汚れたらしっかり洗い流してから帰りましょう!
  • 外道や毒魚など持ち帰らない魚を釣ったときは海に返しましょう!
  • 漁港などは漁業関係者の邪魔にならないようにしましょう!漁港は漁業(仕事)をする場所であり、本来釣りをする目的で作られている場所ではありません。
  • 深夜の騒音・大声での会話・路上駐車など近隣の迷惑にならないようにしましょう!
  • その他、関係者・近隣の方に注意されたら素直に従いましょう!