山中湖ワカサギドーム船「旭日丘観光」

山中湖ドーム船

この釣行は2月6日。2月3日に相模湖でワカサギを釣ったばかりですので、当初は外房にアジ釣りに行こうと思っていたのですが雨の予報。この時期に雨に濡れながらの釣りはかなり厳しいので、ドーム船でのワカサギ釣りにしました。

ドーム船なら雨でも雪でも関係ない。濡れない寒くない。

それで、今回お世話になったのは、山中湖の「旭日丘観光」さんです。


ソワソワの乗船

6:30~乗船開始。7:00出港。遅れてもボートで送ってくれます。

だけど久しぶりの船で、なんかソワソワして5:15ぐらいには、現地すぐ近くのコンビニに到着。
仕事の後、寝ずに来ていますので少し寝たかったのですが、やはりソワソワ。眠れません。

船釣りは子供の頃に経験してますがそれ以来となり、子供ころに経験したのも普通のアジ釣りなどの海の乗合船で、ドーム船は初めての体験です。

 
6:15に受付を済まして。6:30ちょうどに乗船。

山中湖

 
落ち着かないから、準備を早く済ませんようとしますが、初めてのドーム船で勝手がよくわかりません。
隣の人の見よう見まねでなんとなくやります。

 

7:00、出港
といっても桟橋から出てすぐがポイントなので、「出港」という表現はおかしいかな。

 

ドキドキの釣り開始~入れ食い

7:15釣り開始
「よーいどん」でスタートする感じ、そういえば僕は苦手なんだった。
ドキドキしちゃって、ダメなんですよね。

ドーム船の左舷側はどうやらレンタル竿の方、係の人に教えてもらいながらやっています。
一応僕はマイタックルなので右舷側。右舷側はほとんど電動リールのベテランさん。ベテランさん達はスタートと同時にすさまじい勢いで釣りあげていきます。
そんな中に入れられても、僕は手巻きリールの初心者レベル。余計にドキドキしちゃってダメです。

すぐにアタリはあるのですが、最後の抜き上げ時に船のヘリに魚をひっかけてバラシ2連続。ドキドキしちゃって道具が手につかない。

「あいつ何やってんだ」と思われているんじゃないかと思うと余計にドキドキ。

こんな素人の私ですが、ワカサギ君たちは、どんどん喰ってきてくれます。
10匹ぐらい釣ったところで、いつの間にか私も雰囲気に慣れ落ち着いてきました。

その後も、トイレに行く暇がないぐらいの入れ食いが2時間続きました。50匹ぐらい釣ったでしょうか。数を数えていないので全くわかりません。

 

アタリが止まってからは首痛が。

9時過ぎにようやくアタリが止まって。

船にトイレもついているので、トイレに行ったり。
コーヒーのサービスがあるので、コーヒーを入れに行ったり。
それも最初は、どうしていいかわからずドキドキしちゃいましたけど。

一息ついたら急に首の疲れが気になるようになってきました。
前傾姿勢で、アタリを見逃さないように集中して竿を見たりしていますので、かなり負担となっていたようです。入れ食いの時は夢中で気が付きませんでした。
もっと早くに気が付いて姿勢を変えながらやるべきでした。気が付いた時にはもうすでに限界で、気持ち悪くなってきました。

 

アタリも遠のいてきたし、開始からまだ2時間ですが、もう帰りたい。
途中で乗ってくる人もいるけど、途中で帰ってもいいのかな。
それにしても2時間で帰ったら、さすがにもったいないかな。

よく皆さん、同じ姿勢でやっているなぁ。
ドーム船内の様子

僕はもう、いてもたってもいられません。
動画撮影用にカメラを頭につけていたからかもしれません。

なんとか痛みをごまかしごまかし。痛みに耐えながら。

釣りのほうは、誘って誘って何とか1匹ずつの時間もあれば、突如船中全員入れ食いチャンスタイムもあり。首痛さえなければ面白い釣りです。

ワカサギ釣り

 

 

もう無理。終了

11:30頃。「午前で上がる方いますか~」と船頭さん?係の人?が聞いてくれたので13時に上がることにしました。(最後までやると15時です)

ボートで桟橋に送ってもらい終了です。

家に帰って数えたら108匹でした。

首痛がなければ超面白かったと思うのですが、僕には本当につらい釣りとなりました。
108匹、煩悩の数だけ釣って悟りを開いた気分です。
いい修行となりました。
ワカサギ釣果

 

 

釣行まとめ

釣行 :2019/02/06 7:15~12:45
天気 :曇り時々小雨
エサ :紅サシ
竿ダイワ(DAIWA) クリスティア ワカサギ ロッド 21 ブラック
リールダイワ(Daiwa) ワカサギ 手巻きリール クリスティア タナハンター
道糸モーリス(MORRIS) PEライン バリバス わかさぎ 棚感度得 60m 0.3号 4本 ブルー
仕掛けささめ針(SASAME) 山中湖ワカサギ C-236 0.8号

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です