鶴見川を再探求。秋の大ハゼ絶好調!

鶴見川のハゼ

 

前回、鶴見川初探求から約3週間。
その時も他所に比べて十分に大きかった鶴見川のハゼ。きっと更に大きく成長したハゼ君たちが河口に集まってきているのではないでしょうか?


ガラガラな鶴見川

11月9日。今年は暖かい日が多いですが、この日はシトシト降る雨で肌寒く、しっかりと防寒対策をしての釣行となりました。水温が下がりハゼの活性が下がったりしないかが心配です。
ガラガラの釣り場が余計に不安な気持ちにさせます。
鶴見川

これだけ広くすいていれば釣り座は選びたい放題。どこでもやれますが、まだ2回目の釣り場ですし不安もありますので、少しでも実績のある前回釣った時と同じ場所で釣ることにしました。
鶴見川河口

 

釣り開始

10:30釣り開始。竿は3本体制。2本を置き竿、1本は手持ちでシロギス釣りのように引きながら釣ろうと思います。

まず1本目を、前回良く釣れた30m付近に投げ込んで、2本目の準備をします。
すると、その準備も終わらないうちに、投げ込んでおいた竿がグググーンとあたってます。
いいヒキで上がってきたのは、17cmぐらいの成長をした良型ハゼ。
17cmのハゼ

不安が消し飛びます。

干潮はアタリが止まります

その後3匹追加。開始から30~40分で4匹。いずれも良型です。この頃からアタリがいったん止まります。11:34干潮のためでしょう。
少し沈黙の時間が続き12時を回ったあたりから、またポツポツ釣れだしまして、開始から2時間で合計8匹。干潮を挟んで、しかも真昼間です。いいペースといっていいでしょう。
ハゼ8匹

 

その後はダブルもあり

14時頃に雨が強くなったので終了しましたが、それまでの1時間半ぐらいは、飽きないぐらいのいいペースで楽しませてくれます。
ハゼダブル

合計15匹が釣れましたが、1匹はちょっと病気っぽかったのでリリースして、14匹のお持ち帰りとなりました。今度は早朝から長い時間でやってみたいですね。
ハゼ14匹

 

釣行まとめ

釣行 :2018/11/09 10:30~14:00
天気 :小雨
潮回り:大潮 干潮11:34
釣果 :ハゼ14匹
エサ :アオイソメ
仕掛け :市販のハゼ仕掛け(ハリ7号・ハリス1号)

ハヤブサ(Hayabusa) ハゼだぜ 簡単投げ 2本鈎3セット 7-1 NT601-7-1

今回の釣り場

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です